上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと気分転換に前々から行きたかった岐阜柳ケ瀬お化け屋敷 『恐怖の細道』~あの夏の忘れもの~(←コチラをクリックしますと公式HPに飛べます。)に行って来ました!もちろんバイクで!(私は乗ってるだけですがw)
こちらがそのお化け屋敷です。

20130721_182309.jpg
ここから下はもの凄い長文なうえ、中の感想やネタバレを含みますので、ご自分で体験予定の方は見ない事をオススメします。

かなり混んでいると聞いていたので、まずは受付で待ち時間を聞いてみたところ、夕方だった為か20分程で入れるとの事でチケットを購入。
写真の看板の下辺りに待機スペースがあり、そこで待ってると中から悲鳴のオンパレード。
まぁ男も女も凄い悲鳴を上げておりましてw出口までの所要時間は6分程だと聞いていたのですが、それでも途中耐え切れずリタイアする人もいるそうです。
私は歩くタイプのお化け屋敷はかなり苦手で、10年ほど前に名駅に来ていたお化け屋敷でも走って逃げる程だったのですが、何故か怖いものみたさで入りたくなってしまうんですよねw
普段ならばこの待ち時間で既にガクブルなのですが、先に山をドライブし高速で強風に煽られ疲労していたせいか、別段何も感じずに待っておりました。
ベンチで座っていると商店街奥から口避け女さんが猛ダッシュで走ってきて、私の真横のベンチに飛び乗り、奥のベンチに座っていたヤンチャ系お兄ちゃん達に「ようこそー!」と低い声で一言。
気付いてなかったお兄ちゃん達は至近距離にあった口避け女さんに驚き、入る前から悲鳴を上げてましたw
私はスルーされましたw残念w

そして受付の方が「他の方たちと一緒に入るのと、お連れ様と2人で入るのどちらが良いですか?2人だともう少し待っていただかないといけないのですが、他の方(先に順番を待ってる方)達とご一緒でしたら次に入れます。」との事でしたので、時間もおしてたので他の方々と入る事にしました。
ここで一緒に入った方達のご紹介(?)を。
中学生らしき男の子5人組と、カップルさん。それと私達で入りました。
カップルさんをチラっと見たら彼女さんが

002.jpg
上記のような顔で入る前から既に死にそうな目をしておりました。
001.jpg
彼氏さんが上記のような感じでずっと話しかけてましたが彼女は無言。
彼氏さんも乗り気じゃなかったし、一体どちらが入ろうと誘ったのか謎でしたw

中は途中まで真っ暗で、怖いよりも先に足元見えないのが危険と思ってしまいましたw
そして幽霊さん達が出る場所に到着。ここからは明るかったので安心して進めましたw
カップルさんは何か凄い早足で先行っちゃうし、男子5人組はガチで泣きそうな声を出してくっつきながら走っていくので、私たちはゆっくり見ようと思い普通に歩いていきました。

そして第一口避け女さん発見!後から追いかけてきました!カップルは既に逃げ男子達も猛ダッシュw
私たちは口避け女さんに近付いて行きましたw
お触りは禁止されているので目の前でじっくり観察。身長が150cm程しかないほっそりした可愛らしい口避け女さんでしたw
あちらも逃げてもらわないと困るらしく、可愛いねー可愛いねーと褒めていたら「さっさとお行き」と怒られましたw
そこからあとにも第二口避け女さんと第三口避け女さんに遭遇!一人は教室の隅でシクシク泣いており、部屋を出ようとすると追いかけてくる仕様のようで、部屋の出口付近で足をとめ振り返るとゆっくり立ち上がり机を引っくり返しながら近づいてきてくれました。
その追いかけてくる動きが映画の中で見るようなカクカクした動きで、本当に映画のお化けのように動くので感心してしまい思わず拍手w
その動きのままかなり至近距離まで来てくださったのでずっと拍手してましたw
が、また怒られるといけないので手を振って出口へ。(当然ですが手は振り返してもらえませんでしたw)
もう一人はすぐ引っ込んじゃったのであまり見れず。

私が行った時は3人の口避け女さんでしたが、テレビの紹介ではセーラー服の幽霊さんもいるようでしたので、おそらくランダム出現なのだと思います。
結局驚くこともなく、始終2人で笑いながら出てしまいましたww
私たちが出た時には既にカップルさんの姿はなく、男子5人組はずっと怖ぇーを連呼してて可愛かったですww

とりあえず、今お化け屋敷に入っても問題ないのがわかったので、これからも色んなお化け屋敷に入ってみたいと思いますww
富士急ハイランドの病院のお化け屋敷ってまだあるんですかね?

岐阜柳ケ瀬お化け屋敷 『恐怖の細道』~あの夏の忘れもの~は、昼間は混んでるらしいので、夕方辺りに行く事をオススメします。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
文章書くの下手ですみません;

以上レポっす。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goshujinomocha.blog89.fc2.com/tb.php/495-8036c522
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。